GARMIN ForeAthlete 645 Music を購入_190414

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

GARMIN ForeAthlete 645 Music

GARMIN ForeAthlete 645 Music が届きました。

私が購入したのは GARMIN ForeAthlete 645 Music Slate(スレート)です。

スマホを持たずにジョギングを楽しめる

GARMIN ForeAthlete 645 Music は GPS ランニングウォッチです。

音楽再生機能を省略した GARMIN ForeAthlete 645もありますが、私はスマートフォンで音楽を聴きながらジョギングをしているので、音楽再生機能がある GARMIN ForeAthlete 645 Music を選びました。

トレッドミルでのジョギングや屋外でのジョギングの際にスマートフォンの操作をしようとして落としてしまう可能性が考えられるので、私は積極的にスマートフォンを持ち出したくありません。

今まで Runkeeper を使うためや音楽を聞くためにスマートフォンを持ち出していましたが、これからは GARMIN ForeAthlete 645 Music だけでジョギングに行くことができます。

手首で簡単に心拍計測

GARMIN ForeAthlete 645 Music

トレッドミルでも心拍数は測定できますが、その際には測定用のバーを握らなければなりません。トレッドミルの機種によっては一定以上の速度・心拍数になると測定不可となってしまうのが困ります。屋外でのジョギング中に手首で脈拍数を測定するのもあまり現実的とは考えられません。

GARMIN ForeAthlete 645 Music であれば装着するだけで心拍数を測定できるので便利ですね。

本体裏側にあるセンサーで血中のヘモグロビンに光を当て、その流量の違いにより脈拍を読み取ります。心拍数値以外にも安静時心拍数や過去4時間の最高 / 最低 心拍数などさまざまな情報を記録する事が可能です。

心拍数を意識して効率よく脂肪燃焼する

効率良く脂肪が燃えるのは最大心拍数に対して60〜80パーセントとされています。

私の年齢が41歳で安静時心拍数が76bpm とした場合、カルボーネン法の計算式に当てはめると目標心拍数は138〜158bpmとなります。私であれば運動強度60〜80パーセントのゾーンに相当する目標心拍数138〜158bpm を維持しながらジョギングすると脂肪燃焼率が良くなるということになります。

これからジョギングの際には GARMIN ForeAthlete 645 Music を使って、脂肪が燃えやすい運動強度で効率良く脂肪を燃焼するようにしたいと思います。

GARMIN ForeAthlete 645 Music

今年は狩勝トレイルランやその他のマラソン大会にもエントリーする予定です。その際には GARMIN ForeAthlete 645 Music を活用して、ペース配分を守りながら最後までしっかりと完走できるようにしたいです。

興味のある方はご覧下さい。

Amazon で GARMIN ForeAthlete 645 Music を見る

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*