遠くのトレッドミルより近くのイグニオ・R-16S

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

イグニオ(IGNIO) 電動 ランニングマシン トレッドミル R-16S (ルームランナー ウォーキングマシン)

あなたが自分専用のトレッドミルを購入しようと考えた時にどのメーカの物を選べば良いのか悩んでしまうかもしれません。家庭用トレッドミルが業務用トレッドミルより価格が安いとしても、そう簡単に購入できるものではないでしょう。

今回は家庭用トレッドミルであるイグニオ(IGNIO)トレッドミル R-16S を紹介したいと思います。ちなみに IGNIO(イグニオ)は大手スポーツ用品店アルペンのグループ会社です。

これからあなたがイグニオ(IGNIO)トレッドミル R-16S を購入しようと考えているのであれば以下の内容を参考にして下さい。

  • 最大使用時間が120分
  • アルペングループだからこそできるコスパの良さ
  • 実店舗で見て確認できる

最大使用時間が120分

最大使用時間とはトレッドミルを1回も止めずに使い続けられる時間のことです。家庭用トレッドミルであれば最大使用時間が30分である場合や使った後にモーターを冷やすために約1時間休ませなければならないこともあります。

家庭用トレッドミルとしては最高クラスであるジョンソンヘルステックの ELITE T7.1でも最大使用時間は99分となっているので、イグニオ(IGNIO)トレッドミル R-16S の最大使用時間が120分であることは驚きました。

アルペングループだからこそできるコスパの良さ

ライフ・フィットネスやジョンソンヘルステックなどの業務用トレッドミルのメーカ名は知らなくても、アルペンやスポーツデポは知っている方も多いかと思います。

イグニオ(IGNIO)トレッドミル R-16S は身体、特に膝関節や足関節への負担を軽減するために柔らかいラバークッションが衝撃を吸収するショックアブソービングシステムがありますが、こういう点は大手スポーツ用品店であるアルペンらしいと感じます。

家庭用トレッドミルは安いものであれば1万円台から購入することもできますが、メーカや機種によっては数回もしくは数ヶ月で壊れてしまうものもあります。

家庭用トレッドミルとしては最高速度が時速16キロメートルであることや上記のように最大使用時間が120分であること、そして何よりも保証期間が1年であることを考えると、イグニオ(IGNIO)トレッドミル R-16S はアルペングループだからこそできるコストパフォーマンスの良い機種かと思います。

実店舗で見て確認できる

イグニオ(IGNIO)トレッドミル R-16S はリーズナブルな価格ですが、だからと言ってそう簡単に購入できるものではありませんね。

あなたはトレッドミルのベルトの長さや幅、速度、自宅に設置する場合のスペースなどを気にしてしまうかもしれません。

あなたの住んでいる地域にスポーツデポがあれば、イグニオ(IGNIO)トレッドミル R-16S を見れるかと思います。私の住んでいる北海道十勝管内にあるスポーツデポでもイグニオ(IGNIO)トレッドミル R-16S を見ることができました。やはり実際に見て確認することができるのはとても安心できます。

イグニオ(IGNIO)トレッドミル R-16S の展示店舗を見る

興味のある方はご覧下さい。

イグニオ(IGNIO)トレッドミル R-16S を購入するのであれば以下の安全キーも合わせて購入することをおすすめいたします。

この安全キーをつけることで練習中に転倒した際にトレッドミルが自動で止まるようになります。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*