リバウンドを制する者はダイエットを制す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

あなたがダイエット中であっても、どうしても甘いものが食べたい時があるかもしれません。

私の勤務先ではお菓子が配られることが多いのですが、その誘惑に打ち勝つのは並大抵のことではありません。

今回は東京スイーツダイエットを紹介したいと思います。あなたが甘いものを食べたいけれども、ダイエットを気にしているのであれば以下の内容を参考にして下さい。

  • スイーツを食べながらダイエットができる
  • 甘いものを我慢するばかりではダイエットが続かない
  • おやつの代わりとして食べる

スイーツを食べながらダイエットができる

東京スイーツダイエットはパティシエが監修したスイーツダイエットです。ストロベリーパンナコッタ・ショコラムース・カスタードプティングの3種類となっています。

東京スイーツダイエットは甘くて美味しいですが砂糖を使っておらず、1杯あたりが150キロカロリーの低カロリーとなっています。3食中1食を置き換えることでジョギング(約90分)やロードバイク(約100分)、クロール(約90分)の運動と同様のカロリーカットとなります。

甘いものを我慢するばかりではダイエットが続かない

甘いものは食べたいけれども我慢しなければいけないと考えてしまったり、周りの人が甘いものを食べているのを横目で見ながらストレスを溜めこんでしまうのはダイエットを続ける上で決して良い状態とは言えません。

甘いものを我慢するばかりではダイエットが続かなくなってしまいます。その反動で甘いものを食べ過ぎてリバウンドしてしまうことは避けなければなりません。

おやつの代わりとして食べる

良くある質問にて「食べる時間は決まっているか」の問いがあるのですが、その問いに対して以下のような回答となっています。

決まった時間は特にありません。朝食やおやつの代わりに食べる方もいらしゃいます。一番大切なのは続ける事なので食べやすい時間帯で大丈夫です。

あなたがダイエット中にどうしても甘いものが食べたいと思ったら、おやつの代わりとして東京スイーツダイエットを食べるのも良いでしょう。

あなたが甘いものを食べられないストレスの軽減となり、結果としてリバウンドを防ぐことにもなります。

東京スイーツダイエットに興味のある方はご覧下さい。

甘くて美味しいスイーツでダイエットができちゃう!

TOKYO SweetsDiet(東京スイーツダイエット)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*