リバウンド王の苦悩

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

あなたがダイエットに一度は成功しても、リバウンドをして元の体重に戻ってしまうことに悩んでいませんか。

現在、私はリバウンドを起こさずにダイエットを続けることができていますが、リバウンドは決して他人事ではありません。

あなたがリバウンドに悩んでいるのであれば以下の内容を参考にして下さい。

  • リバウンドを防ぐための心得
  • 食事の満足感には糖質のバランスとタイミングが大切
  • 3食をしっかりと食べて無理なくダイエット

リバウンドを防ぐための心得

Wikipedia(ウィキペディア)ではリバウンドについて以下のように書かれています。

痩身行動によって、一時体重を目標もしくはそれ以下まで落としたものの、その後再び以前の状態まで戻ってしまったり、以前よりもむしろ体重や体脂肪率が増加してしまうケースがある。これをリバウンドと称する。リバウンドを繰り返すことを、ウェイトサイクリング、ヨーヨー現象という。

(Wikipedia より引用)

短期間での集中的なダイエットに取り組んで目標体重を達成した後、上記のようなリバウンドを起こしてして元の体重に戻ってしまうことが多いかと思います。

それではリバウンドを防ぐにはどのようにすれば良いのでしょうか。ランニングする前に読む本で、リバウンドを防ぐための心得について以下のように書かれています。

私は「運動して食事制限も徹底していたら、骨と皮と筋肉ばかりの〝 骨皮筋右衛門 〟になってしまいます。最適な方法とはいえません。アメリカ・ハーバード大学の栄養学者ジーン・メイヤーの研究を参考にすると、1時間以上の運動ができたら食欲のままに食べる、もし運動できなければ、食事を腹七〜八分目に控えることです」と伝えました。私はこれに尽きると思っています。

(ランニングする前に読む本:P105・106より引用)

食事の満足感には糖質のバランスとタイミングが大切

運動の消費カロリーが食事の摂取カロリーよりも少なくなればダイエットすることになりますが、消費しきれなかったエネルギーが脂肪となって身体に蓄積されることで肥満してしまいます。

肥満の原因の1つとして糖質の過度な摂取が考えられます。私たちの身体は血糖値が上がるとインスリンを分泌します。インスリンは糖質を脂肪へ変える作用があり、これが太る原因となります。食事の満足感のためには糖質のバランスとタイミングが大切です。

成人男性であれば1日の糖質摂取は300グラム、1日の摂取エネルギーの60パーセント以上を糖質に頼っていることになります。糖質が脂肪細胞に貯まる中性脂肪の材料となるのです。

去年の6月から私はダイエットを始めていますが、それまではご飯を2〜3杯食べていました。私は糖質制限の一環として炭水化物(糖質)を減らし、現在のご飯の量は1杯にしています。ご飯の量を減らした分、野菜をたくさん食べるようにしています。

自分で料理をするようになってからは特に野菜を使ったメニューを意識して作るようにしています。

3食をしっかりと食べて無理なくダイエット

ダイエットのために美味しさや満足感を無視した食事はストレスの原因となり、そのような食事を無理に続けることで過度なストレスとなってしまい、反動で食べ過ぎてしまいリバウンドを起こしてしまいます。

私たちの身体は体内の糖分が不足すると脂肪と同時に筋肉も燃焼します。筋肉量が減少することで基礎代謝が低下し、脂肪の燃焼も低下してしまいます。糖質は制限しタンパク質をたくさん摂取する必要があるのです。

糖質制限ダイエットはたくさん種類がありますが、糖質制限プログラムであれば NOSH(ナッシュ)がオススメです。NOSH(ナッシュ)は糖質制限で体質改善をしたい方や正しい食事方法が分からないと悩んでいる方にオススメしたいと思います。

日本人は1日平均270グラムの糖質を摂取していますが、NOSH(ナッシュ)では1日3食で糖質55グラムになるよう糖質制限がされています。目安として1週間、朝・昼・夜の3食を NOSH(ナッシュ)に置き換えて食事をすることで約3〜5キロのダイエットが可能とのことです。

送料無料の3食トライアルセットもあるので NOSH(ナッシュ)の味を試してみるのも良いかと思います。

NOSH(ナッシュ)に興味のある方はご覧下さい。

糖質制限プログラム「NOSH – ナッシュ」公式サイト



スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*